テスラが「トヨタ追い落とし」

テスラの量産に続けと、欧州勢も猛然と電気自動車にシフト。トヨタのプリウスが売れるのは日本だけになる。

2016年12月号 BUSINESS [瞬く間に「トヨタ包囲網」]

  • はてなブックマークに追加

11月7日の日経新聞は一面トップで「トヨタ、EV量産へ。20年メド検討」と報じた。「ハイブリッド車(HV)の次は燃料電池自動車(FCV)」として、電気自動車(EV)を「無視」してきたトヨタが、ついに重い腰を上げたが、遅きに失した感は否めない。シリコンバレーの天才起業家、イーロン・マスク(45)が率いる米EVメーカー、テスラモーターズは来年、300万円台のEVを発売する。欧州メーカーも猛然とEVシフトを進める。今年10月、オランダの空の玄関口、スキポール空港でタクシー乗り場に行くと、テスラのスポーツカー「モデルS」がずらりと並んでいた。サンフランシスコ空港でスマートフォンの配車アプリ、ウーバーを立ち上げると、空港周辺で客待ちをしている数十台の「白タク」の半分近くがテスラだった。日本の新車販売では依然としてトヨタのHV「プリウス」と「アクア」がブランド別新車登録の1位、2 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。