「トヨタ・スズキ」狙いは軽自動車の軟着陸

2016年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「これで当面は食いっぱぐれることはなさそうだ」トヨタ自動車と、国内では軽自動車が主力のスズキが、環境や安全技術の分野で提携交渉に入ったことを受け、浜松市のスズキ系自動車部品メーカーの社長はほっと胸をなでおろした。提携が深まっていけば、軽自動車や小型車向けの部品の共通化がテーマになる。それを商機とみている。軽自動車用の部品でいつまで勝負していけるのか、将来に不安を感じている下請けは多かった。だから、トヨタへの期待は大きい。「トヨタさんも要求は相当厳しいだろうが、面倒見がいいと聞いている。トヨタさんと取引したいスズキ系の下請けはたくさんいるよ」。静岡県の部品メーカー幹部はこう打ち明ける。スズキの「抱きつき婚」とも言われる今回の提携交渉。背景には、スズキの鈴木修会長の二つの焦りが透けて見える。まずは、系列部品メーカーも心配する軽自動車市場の将 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。