トランプ「偶像破壊」経済 異次元の乱流

米国は10年で6兆ドルの豪快な減税。だが、保護主義、反市場への「逆行」は、日本の貿易立国を根幹から揺るがす。

2016年12月号 GLOBAL [トランプ・ショック]

  • はてなブックマークに追加

奇しくも1989年のベルリンの壁崩壊と同じ11月9日だった。米大統領選開票のどんでん返しでまさかのドナルド・トランプ勝利が決まると、6月に欧州連合(EU)離脱を選んだよもやの英国民投票(Brexit)の時と同じように、東京市場は七転八倒した。しかしその大騒ぎが一段落すると、ニューヨーク・ダウは最高値を更新し、ドルもハネ上がった。この「現代のイコノクラスト(偶像破壊者)」は世界に何をもたらすのか。ベルリンの壁崩壊が「冷戦終結」の分水嶺だったように、「パックス・アメリカーナの終焉」なのか。あれほど「トランプ・リスク」を強調していたのに、何事もなかったかのようなマーケット。周章狼狽する日本の知米(痴米?)派を尻目に、どんな異次元の未来を遠望しているのだろうか。

「大きな政府」でドル高・長期金利上昇

金融、資源・エネルギー、製薬などの株価はリベラルな規制の撤廃を見越して乱舞し、ネットやSNSの銘柄は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。