山口組は今「冷たい戦争」

分裂から1年余に22都道府県で86件の抗争続出。司組長が「総裁」となる手打ち案があったが、六代目側が蹴った。

2016年11月号 DEEP [終わりなき対立抗争]

  • はてなブックマークに追加

最大の指定暴力団六代目山口組から13の2次団体が離脱し、神戸山口組を結成して約1年2カ月。改正暴力団対策法などが重くのしかかり、25人が亡くなった1980年代の「山一抗争」のような状況には発展せず「冷たい戦争」が続く。手打ちの動きもあったが整わなかった。警察と両組織の関係者、専門記者らの話などから、今回の冷たい戦争と、ここに至る山口組の来歴を紐解きながら、今後の推移を探ってみよう。昨年8月27日未明。「直参」と呼ばれる山口組2次団体の組長約10人が神戸市内でひそかに集まり、山健組の井上邦雄組長と親子、兄弟の盃を交わした。井上組長をトップとする神戸山口組が結成され、山健組は山口組の最も大きい2次団体だった。これに対し、六代目山口組は神戸山口組に加わった直参13人を確認。同日午後の緊急執行部会で井上組長と宅見組(大阪)の入江禎組長、侠友会(淡路)の寺岡修会長ら ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。