急浮上「加憲」9条第3項

自民党が国会で起立して自衛隊員を称えた狙いは、自衛隊の憲法9条への明文化だ。

2016年11月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

衆院本会議場の演壇に立つ安倍晋三首相の呼びかけに、自民党議員たちが総立ちの拍手で応える。ここは中国か、北朝鮮かと揶揄された、安倍演説に対するスタンディング・オベーション。それは、党内に忠誠を迫るにとどまらず、秘かな狙いが込められていた。「現場では夜を徹して、そして、今この瞬間も、海上保安庁、警察、自衛隊の諸君が任務に当たっています。極度の緊張感に耐えながら、強い責任感と誇りを持って、任務を全うする。その彼らに対し、今この場所から、心からの敬意を表そうではありませんか」社会のために身を削りながら働く職業は数多ある。あえて「海上保安庁、警察、自衛隊の諸君」だけを称えた首相の狙いについて、この場面に遭遇した野党議員はこうみる。「主眼は『自衛隊』。首相は南スーダンのPKOで自衛隊に犠牲者が出る可能性は高いとみている。その時、政権批判が高まらないよ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。