米国が「自動運転」実用化指針日本政府の反応が鈍い理由

2016年11月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

米オバマ政権が「自動運転車」の開発や実用化に関する指針をまとめた。衝突防止機能やサイバー攻撃対策を含む15項目の安全評価基準を示し、メーカーに対応を促す。自動運転車に関する政府指針の策定は世界初。米主導で関連産業の育成を後押しする姿勢がうかがえる。これまでIT大手、ベンチャーなどの開発メーカーは各州の規制や判断に従ってきたが、今回の指針によって公道試験の要件が一本化され、メーカーは米運輸省に指針の順守計画などの提出を求められる。手間が増えそうだが、日本の自動車メーカー幹部は「制度上のグレーゾーンが狭まり、むしろ開発のハードルは下がる」と断言する。自動運転が完全に普及すれば、寝不足や不注意が事故を招く「人間の運転」より安全になるだろうが、人間のドライバーが公道からいなくなるのは、数十年後の話。それまでは双方の共存が求められる。米指針は「利用者 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。