二階驀進「政局カレンダー」

「年明け解散」の仕掛けは100%安倍の戦略なのか。願望を先取りする二階のレールに載せられているだけか?

2016年11月号 POLITICS [「改憲」はずるずる先延ばし]

  • はてなブックマークに追加

誠にあっけなく自民党総裁任期の延長が固まった(正式決定は来年3月の党大会)。安倍晋三首相(62)の現在の任期(2期目)は昨年秋に始まり、本来なら2018年9月までだが、これで党則が禁じていた連続3選ができるようになる。最低でも1期3年延びれば、第2次政権だけで9年弱。第1次政権の1年間も加えると実に10年近い。日本では異例の超長期政権である。戦後最長の佐藤栄作元首相(約7年半)を優に超え、明治以来、憲政史上最長の桂太郎元首相(約8年・断続的に延べ3回就任)をもしのぐ歴代1位となる。まさに前代未聞。健康などでアクシデントがない限り、2020年の東京オリンピックも安倍政権で迎える可能性が高まる。任期延長が固まった翌日、面妖な国家プロジェクトも浮上した。菅義偉官房長官が閣僚懇談会で、内閣官房に「明治150年関連施策推進室」を設置すると発表したのだ。桂も佐藤も山口県出身。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。