北方2島見返りで「トヨタ」に執心

対ロ経済協力8項目の裏で、プーチンがこだわったのはトヨタのウラジオ進出だったが。

2016年11月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

9月2日、小雨がぱらつくウラジオストクの極東連邦大学。錚々たる日本企業を引き連れた安倍首相は、東方経済フォーラムと首脳会談に臨んだ。5月にソチで安倍が自ら提案した「新たな発想に基づくアプローチ」と「8項目の経済協力プラン」をきっかけに、北方領土問題を解決したい……。入念な準備をして臨んだ拡大会合には、ロシア側からプーチン大統領、シュヴァロフ第一副首相、トルトネフ副首相、マントゥロフ産業商務相やウリュカエフ経済発展相、ロスネフチのセーチン社長やガスプロムのミレル社長らが顔をそろえた。経済協力を進めたいロシアの熱気が会場を包み、上機嫌のプーチンが「日本の皆さん、よくお越しいただいた」と乾杯の音頭をとると、すかさず安倍もにわか仕込みのロシア語で杯をあげ「ナ・ズダロヴィエ!」。

ロシアに魅力的メニュー

そして「8項目の協力プラン」の進捗状況を丁寧に読み上げた。提案はロシア側 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。