「粗探しメディア」がミス増幅

怒濤のようなツイッターなどの大音響にかき消されて、不信と低俗の後味の悪さばかり。真剣な政策論はなかった。

2016年11月号 GLOBAL [「混迷」米大統領選 6]

  • はてなブックマークに追加

米大統領選は、その時々でさまざまな様相を見せる。2016年版は共和党候補ドナルド・トランプの女性に関する下品な言葉が衝撃となったが、政策論自体は深みに欠け、つかみどころがない。大統領選は米国の命運を決める一大イベントであって、有権者はこれまでのどの選挙より重要な選択だ、と呼びかけられるのが常だった。たとえば1992年の選挙でビル・クリントンの主張は若者世代に新鮮に響き、冷戦終結後の新時代を象徴するものと受け止められた。08年は米国を悩ませていた対イラク、アフガニスタン戦争が争点で、バラク・オバマは国民の厭戦気分をうまくとらえ、撤退を約束して勝った。残念なことに、16年の選挙戦には最重要課題が見当たらない。もちろん世界は問題山積だが、米国の存亡に直接かかわるほどではない。誰も停滞する経済の原因を見つけられず、北朝鮮は常軌を逸し、中国も挑発的行動を繰り ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。