謎解き天津市トップ「失脚」

本当に「習近平の腹心」だったのか。予想外の摘発に中国ウォッチャーも混乱。「習一強」体制の行方は。

2016年11月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

9月10日、かねて習近平(国家主席兼共産党総書記)の腹心と見られていた天津市トップ(市党委員会代理書記)の黄興国が、党の汚職取締機関である中央紀律検査委員会(中紀委)に「重大な紀律違反」の嫌疑で突如摘発された。それから1カ月余り、失脚の背景は今も謎で、憶測が飛び交う。黄は浙江省の地方官僚出身で、習が浙江省トップ(省党委書記)を務めていた2‌00‌3年に省党委常務委員(兼寧波市党委書記)から天津市党委副書記に転出。直属の上司と部下だった時期は1年と短かったが、黄が習の信任を得ていることを印象づけたのが14年末の異例の抜擢人事だった。同年12月22日、前国家主席の胡錦涛の“大番頭”だった令計画(中央統一戦線工作部長)が失脚すると、党指導部は後任の統戦部長に天津市党委書記の孫春蘭を指名。それに伴い、天津市長だった黄が市党委代理書記に昇格したのだ。共産党内の序列 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。