闇から白日へ「二・二六事件」軍法会議記録

2016年11月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

社会を揺るがし、日本を戦争へと駆り立てる大きな転換点となった1936(昭和11)年の「二・二六事件」。その軍法会議記録が10月中にも国立公文書館に移管される。80年もの間、東京地方検察庁の書庫に眠り続け、一般には存在すら知られていなかった。移管後は目録作成を経て、来年春ごろには一般公開となる見込み。非公開、弁護人なし、一審制というなかで民間人4人を含む19人が死刑判決を受け、被告のほとんどが公判開始から3カ月足らずのうちに処刑された極めて特異な裁判。その真相が白日の下にさらされる。二・二六事件は、陸軍の青年将校に率いられた約1500人の部隊が2月26日未明、国家改造を目指し、斎藤実内相、高橋是清蔵相、渡辺錠太郎教育総監ら政府要人を襲撃して殺害したクーデター事件。昭和天皇は討伐を命じ、翌日には戒厳令が敷かれ、戦闘を交えることなく発生から3日後に鎮圧された。事件 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。