厚労省「はしか」根絶する気なし

またも予防接種空白層を無くす好機を失う。国民の健康より守りたいものって何?

2016年11月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

「ワクチンの予約・注文を行う場合にあっては、必要な本数に限り行う」「卸売販売業者は、必要量の供給を随時行い、偏在が起こらないよう配慮する」9月、厚労省は各都道府県に対して、はしか(麻疹)と風疹を予防する「MRワクチン」の流通を「国家統制」する内容の通知を出した。海外で感染した人から、はしかが全国に広がり、ワクチンを打ちたいと考える人が急増。打ちたくても打てない人が出た。だが、厚労省は通知に「全国的な不足は生じない見込みですが、一部の地域や医療機関において、MRワクチンの偏在等が懸念されます」と記し、不足しているわけでなく、「偏在」が起きているだけ、との見解を示した。はしかは感染力が強く、かかると40度近い熱が出て、肺炎や脳炎で亡くなることもある。あかちゃんを持つ親が心配して、ワクチンを探し回るのは当然だ。通常、欲しくても手に入らないことを「不 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。