晩節汚す「ダイキン」井上会長

創業家は会社を「公器」と考え、子に経営を継ぐのをやめた。社長になった番頭は我が子を上に取り立てようとしている。

2016年11月号 BUSINESS [サラリーマン社長のわきまえ]

  • はてなブックマークに追加

エアコン世界トップ、ダイキン工業の2016年3月期決算の売上高は前年同期比7%増の2兆436億円、営業利益は14%増の2178億円だった。主力のエアコンが中国、欧州、米国で伸びていることが業績好調の理由だ。売上高は初めて2兆円台に到達、売上高・利益ともに3年連続で過去最高を更新した。パナソニック、シャープといった関西地盤の家電企業が勢いを失ったいま、関西で最も元気のいい企業がダイキンと言われ、現に希望退職で会社を追われたシャープ社員の受け皿にもなっている。ダイキン工業といえば、かつては「ボロキン」と揶揄された。1950年代に経営危機に陥った際、住友金属工業(現新日鉄住金)の資本を受け入れたことで、関西では住金のグループ企業といったイメージがあった。そのイメージを一新し、グローバル企業になれたのは、ひとえに94年に社長に就任以来、22年間経営トップに君臨する現会長 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。