東京都利権に「黒幕」五奉行

豊洲、江東、渋谷……。都の巨大ハコモノはなぜブラックボックスなのか。国と都とゼネコンの「シン・談合」を暴く。

2016年11月号 BUSINESS [小池劇場「パンドラの箱」]

  • はてなブックマークに追加

豊洲市場の盛り土ミステリーはいまだに犯人が特定できない。記憶の衰えた石原慎太郎元東京都知事は記憶が曖昧で、小池百合子知事は9月30日の会見で「基本設計から実施まで段階的に決まり、いつ誰が決めたかをピンポイントで絞るのが難しい。空気の中で進んでいた」と嘆息していた。10月14日、都は岸本良一中央卸売市場長ら幹部5人を更迭、中西充副知事の担当を外した。都議会では2009年以降の4代の市場長のうち1人を除き「知らなかった」と答弁していたからだが、犯人不明で先に処分とはツジツマが合わない。役人が口裏を合わせ、処分されても沈黙を守るのは、豊洲で窓があいた東京都利権の「パンドラの箱」が巨大で、黒幕が潜んでいるからだ。部門間の連携不足解消といった「空気」の改善で済むはずがない。

都の受注調整と分離発注の“飴”

本質は巨大な「官製談合」隠しである。豊洲は「談合がないこと」を証明する方がむしろ難し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。