嫌われ「マンスプレイナー」

2016年11月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

ツッコミと切り返し、虚勢にはぐらかし……ディベート術の巧拙を競う「ヒラリー対トランプ」のTV討論は、観衆7、8千万人とはいえ、空疎な政治の異種格闘技というか、両陣営の宣伝屋が糸を操る言葉のマリオネットである。場外乱戦は「ミス子豚」をめぐるツイッター、18年間の税逃れ、あげくに更衣室の猥談などと泥仕合が続く。視聴者も匙を投げたか、ハ、ハ、ハとヒラリーのわざとらしい大笑いが得意な喜劇女優ケイト・マッキノンと、トランプのように下唇を突きだすアレック・ボールドウィンが掛け合う物真似に笑い転げるばかりだ。おや、と思ったのはmansplainerという新語をたびたび耳にしたことだ。manとexplainの合成語で、「エラソーに女に講釈を垂れる男」を意味する。敢えて駄ジャレで訳せば「雄(お)セッキョー屋」か。白人が黒人に同じように上から目線だと、whitesplainerと応用もできる。これ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。