「危険手当ピンハネ」廃炉作業員が集団提訴

2016年10月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

福島第一原発(1F)で働いていた元作業員39人が、東京電力ホールディングスや元請けの東芝など6社を相手取り、「危険手当」の不払い請求訴訟(約6900万円)に踏み切った。9月9日、福島地裁いわき支部に訴状が提出され、原告弁護団が記者会見した。1Fでは高い放射線量下での被曝を伴う労働への見返りとして、東電は「設計上の労務費割増分」との名目で、工事単価に「危険手当」を上乗せしてきた。ところが、その多くが、重層下請け構造の中で元請け企業にピンハネされて、末端の労働者に行き渡らない問題が指摘されてきた。今般、危険手当の支払いを求める集団訴訟が起きたことで、深刻化する「ピンハネ体質」がクローズアップされた。矢面に立たされるのは東電と元請けの東芝のほか、東芝プラントシステム(神奈川県川崎市)、ユー・ケー・ケー(東京都大田区)、エイブル(福島県大熊町)、クレイデン ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。