子宮頸がんワクチン推進派に「痛い訴訟」

2016年10月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

接種後に原因不明の痛みや神経障害等の訴えが相次ぎ、2013年、厚生労働省が定期接種と位置づけた2カ月後に接種勧奨が止められたHPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)。それから3年、ワクチンをめぐり次々に訴訟が提起された。7月末、副反応被害を訴える63人の少女たちが国及び製薬会社2社(グラクソ・スミスクラインとMSD)に対し総額9億4500万円の損害賠償を求める訴訟を東京・名古屋・大阪・福岡の各地裁に一斉提訴。続いて8月半ば、今度は厚労省の副反応研究班代表の一人、信州大の池田修一教授が、自身のワクチンに関する研究発表を「捏造」と断じる月刊誌「ウェッジ」の記事は明白な虚偽であるとして、ウェッジ前編集長と筆者の村中璃子氏らを名誉棄損で訴えた。今年に入り、ワクチンの接種勧奨再開の声は高まっていた。4月、日本小児科学会や日本産科婦人科学会など17団体が早期再開を強く求め ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。