蓮舫、小池、稲田の「ガラスの天井」

世界的な女性リーダー台頭の波が「男尊女卑(?)」の日本にも到来するのか。「ポスト安倍」女三人衆の戦いぶりと実像は――。

2016年10月号 DEEP [「三者三様」の悩殺力]

  • はてなブックマークに追加

民進党の新代表・蓮舫(48)は、「義理堅い女」である。同僚議員たちは一度だけ、蓮舫があたりはばからず号泣するのを見た。8年前、所属する議員グループのリーダー、野田佳彦(後に首相)が初めて民主党(当時)代表選に名乗りを上げながら、続投狙いの小沢一郎執行部に仲間を次々と切り崩されて、断腸の出馬辞退に追い込まれた晩のこと。ワインを何本も空けた残念会で、蓮舫は誰よりも荒れた。「悔しい。こんなこと許せない」何度も何度も叫んで、むしろ野田がなだめ役だった。人一倍負けん気が強いせいもあるが、野田をリーダーに押し立てたい純な思い入れが強かった。議員集団の間の移動が激しい民進党で、蓮舫は初当選から今日まで12年、一貫して野田グループにいる。気が付けば、グループ創設以来の現職議員メンバーは、野田と蓮舫を含めてわずか5人。勝負服のシロが象徴する通り、好みは「純潔」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。