「安倍№1側近」世耕経産相の野望

10年後の首相を目指す注目株は、対ロ交渉を成功裏に導くことに専心。ハードルは高い。

2016年10月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「影の総理」と揶揄される官房長官の菅義偉(67)は、内閣改造を終えた数日後、経産省幹部を前に、いたく上機嫌だった。「世耕はいいだろう? 大した政治家だからな。君らの役所と相性がいいはずだ……」菅が笑みをたたえながら褒めちぎったのは、8月3日の改造人事で経産相を射止めた世耕弘成(53)だった。初入閣を果たしたばかりか、「ロシア交渉がライフワーク」と宣(のたま)う世耕にとって「ロシア経済分野協力担当相」の要職が加わり、笑いが止まらないに違いない。特定の国の、特定の分野を担当する大臣を置くのは異例も異例――。「北方領土返還」で歴史に名を刻もうと躍起の首相、安倍晋三の意を体した特命相だから天に昇る心地だろう。経産相兼対ロ経済協力相のポストがよほど気に入ったか、訪れる幹部らに「毎日が充実しており、楽しくてしょうがない」と、童顔をほころばせるほどだ。

見事な安倍の側近掌握術

世耕 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。