凋落し始めた南ア「マンデラ」党

ポストアパルトヘイト世代の台頭で一強与党に陰りが。紛争なき政権交代は実現するか。

2016年10月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

8月3日、南アフリカで5年ぶりに実施された統一地方選で与党アフリカ民族会議(ANC)の得票率は54%と1994年の民主化以来最低に落ち込み、ネルソン・マンデラの党として黒人の間に盤石な支持基盤を誇ってきたANCの「終わりの始まり」を印象づけた。アパルトヘイト時代を知らない“ボーンフリー”と呼ばれる29歳以下の若年層が有権者の約4分の1を占めるようになり、ジェイコブ・ズマ政権の汚職スキャンダルや高い失業率への不満を背景に、都市部を中心にANC離れが広まった。ANCはズマ擁護の姿勢を崩していないため、野党陣営は早ければ19年の総選挙での政権交代を目指し、ANCを追い落とす共闘体制を敷いている。

悪評のズマ「放逐」できず

南アの憲法裁判所は3月、ズマが私邸の改修費用約1700万ドルを公費から支出し、国庫への資金返還を拒否したとして違憲の判断を下した。東部ヌカンドラの私邸にプールや円形劇場、来客用住居、家 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。