底知れぬ習近平 ⑨米中首脳会談に置き去り日本外交

米中首脳が笑顔を浮かべる写真が配信されると、南シナ海での対立をフレームアップしてきた日本メディアは思考停止に陥った。

2016年10月号 GLOBAL [集中連載]

  • はてなブックマークに追加

上海から200キロほど離れた浙江省杭州は、町の中央に抱く西湖の優美さによって「地上の天国」と評されてきた。杭州知事を務めた北宋の詩人、蘇東坡は、西湖を最も深く愛した文人の一人だ。蘇東坡の目には、四季折々、朝夕ごとに異なる湖の表情が、伝説の美女、西施の美しさと重なって見えた。西湖と西施を相比べ、こんな句を詠んでいる。「淡粧濃抹総(すべ)て相宜(よろ)し(薄化粧だろうが厚化粧だろうが、どちらもふさわしく似合っていて素晴らしい)」蘇東坡が、西湖の浚渫で生じた泥で築いた長堤は「蘇堤」の名をとどめ、一大観光スポットとなっている。9月3日、杭州を会場とする主要20カ国・地域(G20)首脳会議に先立ち、ホスト役を務める習近平総書記がオバマ米大統領を招いたのが、蘇堤を間近に望む西湖国賓館だ。妖艶な絶景に囲まれ、両首脳の話し合いは夕食会を含め4時間近くに及んだ。こ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。