名こそ惜しけれ! 小泉「トモダチ基金」

「トモダチ作戦被害者支援基金」への協力を訴え、2時間も熱弁を振るい続けた純一郎の武士道精神。

2016年10月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

元首相の小泉純一郎と言えば、無類の歴史小説好き。戦国時代や幕末を語り出せば、止まらない。2005年の「郵政解散」では、郵政民営化に反対した政敵を悉(ことごと)く自民党から追放した。その非情は「玉石ともに砕く」と言い放って比叡山を焼き討ちした織田信長と二重映しだった。そんな変人宰相が最近、心惹かれるのが、幕末から新政府への権力移行期に起きた「堺事件」だ。最初にこれを描いたのは明治の文豪、森鴎外の『堺事件』。次に『野火』『俘虜記』などの戦争小説が読み継がれる大岡昇平の絶筆『堺港攘夷始末』だ。時は1868年。鳥羽伏見の戦いで新政府軍が旧幕府軍を敗走させた直後だ。攘夷の機運いまださめやらぬ時期でもある。大阪・堺港に上陸したフランス軍の水兵を、たまたま市中警備に当たっていた土佐藩兵が銃撃し、11人を死亡させた。これが堺事件だ。欧米列強の軍事報復を恐れた新政 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。