農業1兆円輸出の切り札「GI」戦略

EUの約1300品目に比べ、日本のGI認定はわずか17品目。日本ブランド売り込みのハードルは高い。

2016年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

安倍晋三政権が攻めの農業の柱に掲げる「農林水産物の輸出1兆円」を目指し、食品や農産物を知的財産として国が保護する「地理的表示(GI)」の効果が期待されている。安倍首相の思惑通りに、もたつくアベノミクスに点火できるかどうかは、農業に知財を絡めたブランド戦略の強化が欠かせない。 「日本の農業の輸出競争力はすごい。山本有二も『夢ある農業』へのきっかけ作りに携わりたい」――。第3次安倍改造内閣で改革派として起用された山本有二農相(高知2区)は、就任会見で意気軒高に語った。 農政には課題が山積する。農業の担い手不足と高齢化などの構造問題への対策が待ったなしの上、規制改革の本丸として全国農業協同組合中央会(JA全中)の改革が焦点だ。臨時国会では、米国などと合意した環太平洋経済連携協定(TPP)関連法案と承認案の審議も控えている。 農相が「農業の改革をしなければな ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。