日産が「リチウム電池」撤退の真相

表向きの理由はコスト削減だが、ゴーン社長の本音はリチウムイオン電池の発火・燃焼事故は真っ平!

2016年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

韓国のサムスン電子は9月2日、同社の主力スマートフォンシリーズ最新機種「ギャラクシーノート7(Galaxy Note 7)」について、バッテリーの欠陥による爆発事故が相次いだことを受け、販売を停止するとともに、250万台を米国や韓国など10カ国・地域で回収すると発表した。日本では発売していない。原因は電源であるリチウムイオン電池だった。関係筋によると当該電池のメーカーはサムスンSDIだという。ノート7はサムスンの基幹事業であるIT(情報技術)機器部門の戦略機種だった。5.7型のディスプレーに有機ELパネルを採用し、瞳の虹彩による個人認証など新技術を搭載した。韓国のSK証券によれば、回収費用だけで5千億ウォン(約45‌0億円)を要し、2016年7~9月期のノート7の販売台数は当初500万台を見込んでいたが、300万台程度に下振れする可能性があるという。蓄電池がエレクトロニクスの世界的大手の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。