ヤフーに毟られる大新聞

衰退する既存メディアに「タダ乗り」、甘い汁を吸い続けるネットメディア。「一次取材費」を誰が負担するのか?

2016年10月号 BUSINESS [ヤフーの利益率は50%超]

  • はてなブックマークに追加

ヤフーニュースをはじめとするネットメディアの勃興と新聞社など既存メディアの後退が言われて久しいが、総務省の情報通信政策研究所が8月末に発表した「平成27年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によると、利用している文字系ニュースサービスは非新聞社系のネットメディアと答えた人が、新聞社系の媒体と答えた人を初めて上回った。ここ2、3年のスマートフォンの急激な普及により新旧メディアの勢いの差はさらに広がりつつある。ネットメディアが掲載している政治・経済・社会・国際などの硬派のニュースのほとんどは新聞社などの既存メディアがコストをかけて制作したものだが、それをネットメディアが安く買い叩き収益につなげているという「タダ乗り」の構図が底流にある。今後10~20年ほどで既存メディアが急速に凋落していくと予想される中で、記事の「一次取材のコスト」を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。