孫正義「大風呂敷」再び

日本と中国、韓国、モンゴル、ロシアの送電網をつなぐ、気宇壮大な「アジア・スーパー・グリッド」の打ち上げ花火!

2016年10月号 BUSINESS [「国際電力連系」に現実味]

  • はてなブックマークに追加

孫正義はその日、人目をひくアイボリーのジャケットを着て颯爽と壇上に立った。孫が設立した自然エネルギー財団が9月9日開催した設立5周年の記念シンポジウムのことである。舞台慣れした役者のような孫のスピーチは、会場につめかけた約1400人の聴衆をたちまちにして魅了してゆく。「自然エネルギーでアジアをつなぐ。そんな思いで5年前にアジア・スーパー・グリッドを言い出しましたが、『とてもクレージーだ、採算にあわない』と言われました……」アジア・スーパー・グリッド――。グリッドとは送電網のことで、日本と中国、韓国、モンゴル、ロシアの送電網をつなぎ、モンゴルの風力やロシアの水力といった自然エネルギーを、国境を超えて送電することを言う。福島第一原発事故後、突如「脱原発」に覚醒した孫が、サハラ砂漠で太陽光発電し、欧州に電力を送る「デザーテック構想」に着想を得た気宇壮大な ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。