出光「お家騒動」の震源

昭介夫妻のホンネは、器に非ざる子息の役員昇格。泥沼の跡目争いに、海賊と呼ばれた創業者が草葉の陰で泣いている。

2016年10月号 BUSINESS [悲しき親バカ]

  • はてなブックマークに追加

昭和シェル石油との合併を巡り泥沼の争いを演じる石油元売り第2位の出光興産と創業家。創業者、出光佐三の理念を盾に「外資と一緒になるべきではない」と論陣を張ってきた創業家だが、どうやら本音は「跡目問題」にありそうだ。となれば、今も昔も変わらない不毛な身内の争い。海賊と呼ばれた創業者が草葉の陰で泣いている。出光興産は9月7日、英蘭石油メジャーのロイヤル・ダッチ・シェルから昭和シェル株式を取得する時期を従来スケジュールの「9月中」から「10月~11月」に変更すると発表した。この日、同社の関係者はポツリと言った。「この話、長引きますよ」出光興産と昭和シェル石油は、9月中にロイヤル・ダッチ・シェルが保有する昭和シェル石油株(33.3%)を出光興産が買い取り、2017年4月には経営統合するスケジュールで動いていた。来年4月の経営統合については「予定どおり」(出光興産) ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。