ゾウガメに笑われる「百年の計」

2016年10月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

長めの夏休みを取って、久しぶりにダーウィンの『ビーグル号航海記』を通読した。忘れていたが、ガラパゴス諸島でゾウガメ2頭に遭遇し、悠然と去る姿が「前世界の動物」に見えたらしい。実は3頭捕獲して英国に持ち帰った。そのうちの1頭という通称ハリエットが豪州の動物園に譲られ、天命を全うしたのが20世紀を飛び越えて2006年。推定175歳という長寿だった。残念ながら遺伝子を調べると、ダーウィンが寄った島とは別の島の産だったが、進化論の祖と時代を共にしたことは疑えない。ゾウガメの眼で見たら、現代はどう映るか。9月3日、世界の温暖化ガス排出の4割を占める二大国、米中政府が「パリ協定」を同時批准した。杭州G20の前日にオバマ、習近平の両首脳が会談、ウラジオストクでの安倍・プーチン会談にあてつけるように固く握手した。日ロ接近を牽制する米中協調? 地球温暖化と時間のスケールが ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。