安倍訪ロにプーチンが「最後の口頭試問」

参院選圧勝の勢いに乗って訪日と領土で打開したいが、ドーピングで米欧を出し抜く皇帝を“釣れる”か。

2016年9月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

9月2日、安倍晋三首相がウラジオストクを訪問する。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の公式訪日がなかなか実現に至らないなかで、4度続けての訪ロは外交儀礼上異例だ。ドーピング疑惑でリオ五輪から排除寸前まで追い詰められたプーチンにとっては「雨天の友」だったともいえる。とはいえ、したたかなプーチンが安倍に“真の友情”を示すだろうか。9月2日は、昭和20年に日本が戦艦ミズーリで降伏文書に署名した日。同時に北方領土がソ連軍に占領された日でもある。なぜその日に安倍は乗り込むのか。「自分ならプーチンを動かせる」という自信があるからだ。

5月ソチ会談で手応え

安倍は今年5月、黒海のソチでプーチンと会談し、領土交渉について「新しいアプローチ」を提案した。「停滞を打破する突破口を開く手応えを得た。プーチン大統領も同じ認識だ」と安倍は会談後、高揚した表情で胸を張った。安倍が用意したお土 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。