小池の天敵「内田茂利権」の侠血

進駐軍御用達で色街、プロレス、土建を仕切った「侠客」と公明党が握った都議会の暗部。

2016年9月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

東京都知事選挙を通じて最も著名になったのは、内田茂都議(77)である。一部の政界通、都議会関係者しか知らなかった「都議会のドン」の名が、小池百合子、猪瀬直樹が“悪業”を連呼したおかげで、広く都民と国民に知られることになった。週刊文春をはじめとする「内田報道」は、ドンの実力と怖さを知らしめたが、区議と都議を連続して務めた多選議員であること以外に、中卒で学閥とも閨閥とも無縁、誰かの地盤・看板を引き継いだわけでもない内田が、なぜこれほどの力を持つに至ったか背景が浮かんでこない。

力道山と明治座の恩人

内田の力の源泉は何か――。まず、財源の豊かな東京都は、全国で唯一、地方交付税交付金を受け取っていない都道府県である。国会議員に陳情に行く必要がないから独立の気概を持つ。「国会議員を頼りにしたことはないね。逆に、選挙応援や口利きの依頼などお願いをされることの方が多い。(前都 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。