日本会議の「宗教パワー」は幻想

山谷えり子の得票はわずか25万票。蝟集する教団の集票力は、創価学会と比べ物にならない。

2016年9月号 POLITICS [特別寄稿]

  • はてなブックマークに追加

参院選は与党側の勝利で終わった。これで、自民・公明・おおさか維新などを含む「改憲勢力」が、衆参両院で3分の2議席を占めることになる。「憲法改正」はいよいよ現実味を帯びてきたと言っていいだろう。安倍政権はこれまでも繰り返し、「改憲への意気込み」を表明してきた。春の国会で安倍首相は、民主党(当時)・大塚耕平議員の質問に「(憲法改正は)私の在任中に成し遂げたいと考えている」と明確に述べている。首相が国会答弁でここまではっきりと言明するのだから、その意欲は並々ならぬものがある。この国会答弁で安倍首相が言う「私の任期」とは、自民党総裁としての任期のことをさす。参院選での勝利を根拠に、すでに自民党内では「総裁任期延長論」まで出ており、安倍首相の言う「任期中の改憲」は決して非現実的なものではない。今後間違いなく、憲法改正に向けた動きが活発化していくだろ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。