楽天「国内eコマース」大失速

カードのポイントばらまきが「麻薬」のように利益を蝕む。海外拠点半減、幹部辞任続々。

2016年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

パ・リーグで低迷する楽天イーグルスだけではない。危険水域に突入した楽天本体の業績不振にも「喝!」と言いたい。足を引っ張っているのは祖業のeコマース(EC)サービス「楽天市場」だ。アマゾンやヤフーなどの猛攻で楽天ブランドの神通力が薄れているほか、2013年末に発覚したセールの二重価格問題による消費者の信頼低下が、いまだに尾を引いている。1997年の創業以来、日本のEC市場を牽引してきたが、ついに限界が露わになってきた。8月4日に楽天が発表した2016年度第2四半期は、売上高が前年同期比11.1%増の3689億円だった。一方、営業利益は同11.8%減の488億円に落ち込んだ。楽天カードなどを含むフィンテック(金融)事業が好調だったものの、楽天市場を核とする国内EC事業の苦戦を補えていないからだ。国内EC事業の営業利益は前年同期比24.6%減と、かつてない勢いで失速している。営業利益 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。