中国を「パリクラブ」に囲い込むG20の思惑

2016年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

中国をパリクラブ(主要債権国会議)に囲い込む狙いは明らかだ。中国はアジアインフラ投資銀行(AIIB)を創設し、人民元を国際金融機関(IMF)が管理する国際通貨「SDR」の基準にすることにも成功、国際金融の世界のメジャープレーヤーに躍り出た。勢いづく中国を、先進国主導の「紳士協定」で縛り、傍若無人の低中所得国向け融資を牽制する目論見だ。7月に中国・成都で開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は中国のパリクラブ加盟検討を「歓迎する」と秋波を送り、歩調を合わせるように中国も、パリクラブのアドホックメンバー(準会員)登録資格を、従来の中国人民銀行ではなく、政府本体に昇格させた。フランスや米国、日本などの先進国が主導するパリクラブは、財政危機に陥った国の債務問題を非公式に協議する場だ。メンバーで借款や政府保証融資に関する返済期限の延長(リスケ) ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。