窮余の日銀「ヘリマネもどき」

安倍・バーナンキ会談で導入期待が膨らむ国債永久保有。「やらねば市場失望」と退路断たれる日銀。

2016年9月号 BUSINESS [狂騒曲に市場つんのめり]

  • はてなブックマークに追加

真夏の夜の幽霊ではない。日銀が空からお札をばらまくように、青天井で財政に資金を供給する。ヘリコプターマネーと呼ばれるアイデアが、日本の上空を徘徊している。一向に弾みのつかない景気に業を煮やして、安倍官邸が禁断の果実に手を伸ばそうとしている、ともいう。この事実こそ、日本の財政、金融政策のカジ取りが危機ラインに近づいている証拠ともいえる。7月12日、首相官邸を時の人が訪ねた。ベン・バーナンキ前米連邦準備理事会(FRB)議長である。バーナンキ議長はヘリコプターマネー(ヘリマネ)の提唱者として知られる。このタイミングでの面談は、安倍晋三首相にヘリマネを伝授するのが、狙いに違いない。内外の金融市場関係者はそう読んだ。「官邸での会談ではヘリマネのへの字も出ていない」と関係者はいう。菅義偉官房長官もヘリマネが話題に上ったとの観測を否定したが、いったん舞い上 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。