「平井ソニー」復活はホンモノか

大リストラにメドをつけ株価は急騰したが、平井社長の報酬5億円超えは高すぎる。

2016年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「日の丸液晶を守れ」という経済産業省の大号令のもと、ソニー、東芝、日立製作所が競争力を失った中小型液晶パネル事業を切り出し、そこへ官民ファンドの産業革新機構(INCJ)が2千億円を出資して、2012年に誕生したのがジャパンディスプレイ(JDI)だった。ところが、JDIは8月9日、16年4~6月期の連結損益が117億円の赤字に陥り、INCJに金融支援を要請せざるを得なくなった。これを聞いたソニー幹部は「経産省の浅知恵に乗るとろくなことにならない。我々の見立ては正しかった」としたり顔だった。経産省が中小型液晶パネルと全く同じスキームで、車載用電池の統合再編を仕掛けたことはよく知られている。12年から13年にかけて、ソニーの電池子会社であるソニーエナジー・デバイスと、日産自動車とNECの共同出資会社であるオートモーティブエナジーサプライを経営統合し、そこへINCJに出資させる計画 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。