ポケモンGO「陰の立役者」

任天堂の復活の裏に一人の「物言う株主」がいる。その貢献を黙殺する日本は、いつまで「鎖国」を続けるのか。

2016年9月号 BUSINESS [相も変わらぬ「村の論理」]

  • はてなブックマークに追加

スマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」の大ヒットで息を吹き返した任天堂。復活の裏には一人のアクティビスト(物言う株主)がいるが、会社はその貢献を認めようとしない。日本の企業社会はいつまで「鎖国」を続けるつもりだろう。ポケモンGOの快進撃が止まらない。株価も配信開始直後の熱狂は冷めたが2万2000円台を保ち、8月初旬にも売買代金が2千億円台に乗せ、東証1部全体の9%を占める日もあった。ポケモンGOの課金収入が着実に積み上がっているとの見方からだ。アプリ調査会社のセンサータワーによると、配信が始まってから1カ月で世界の売り上げは2億ドル(約200億円)を超えた。日本では多くのメディアが、ポケモンGOを2015年7月に55歳で急逝した「岩田聡前社長が任天堂に残した遺産」と伝えている。14年に胆管腫瘍の手術を受けた岩田氏が病床にパソコンを持ち込み、最後までポケモンGO ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。