「大年増」ゴジラが咆哮する

2016年9月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

映画『シン・ゴジラ』は首相官邸のパロディーである。緊急事態の機能不全は福島原発事故が下敷きだろうが、これは菅政権? 安倍政権? 早口の官僚用語と複雑な官邸機構の役職名の洪水に、霞が関通はニヤリとする。62年前の初代と同じく品川など城南が蹂躙され、CGを駆使して蒲田駅や八ツ山橋などの実景に重ねるから、ポケモンGOのAR(拡張現実)さながら虚実の境がぼやけ、見慣れた空にゴジラの影がのし歩く錯覚に襲われる。怪獣映画の定石とはいえ、クライマックスは東京駅で大暴れ、赤煉瓦駅舎も丸の内高層ビル群もぶっ壊される。これまた小泉政権の都市再生本部に始まる「大丸有」(大手町・丸の内・有楽町)再開発が灰燼に帰すという見立てだ。まさか小池百合子都知事の誕生を見越したわけでもなかろうが、五輪と再開発でハコモノ利権が集中する東京に「女ゴジラ」がぬっと現れた。咆哮する口から ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。