ギャル系アパレル大手に「コンプラ危機」

2016年8月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

「威勢がいい3大ギャル系アパレルのなかでいちばんクリーン」(繊維商社の審査担当)とみられてきた「マッシュスタイルラボ」(東京都千代田区)がコンプライアンス上の問題を抱えていることが明らかになった。マッシュ社は近藤広幸社長(41)が1999年に設立した。「snidel(スナイデル)」や「gelato pique(ジェラートピケ)」などのブランドが人気を博し、中国のグループ会社などを合わせた売上高は500億円を超える模様。ライバルの「バロックジャパンリミテッド」(目黒区)や「マークスタイラー」(渋谷区)とは異なり、これまで経営体質が物議を醸すことはほとんどなかった。昨年12月にグループの財務担当役員による2億円の横領が発覚。個人的な株取引での失敗が原因だったが、これを機に年明けから社内の管理体制の調査が始まった。内情を知る取引銀行関係者は「あまりにメチャクチャで驚いた」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。