森章と「凄腕」中国人女社長

目黒雅叙園売買でCICから荒稼ぎしたが、苫小牧開発では45億円のサヤを抜かれた。

2016年8月号 DEEP [苫小牧リゾートの怪]

  • はてなブックマークに追加

北海道有数の港湾都市、苫小牧。西部には樽前山を中心として手つかずの自然が残され「支笏洞爺国立公園」に指定されている。10万ヘクタールに及ぶ国立公園に隣接するおよそ1千ヘクタールの地で「樽前をヨセミテのような公園リゾートへ」という計画が持ち上がったのは2008年だった。ヨセミテとは、米カリフォルニア州の国立公園のこと。高さ740メートルの滝をはじめ雄大なシエラネバダ山脈の渓谷に、世界から年間350万人の観光客が訪れる。このヨセミテを苫小牧で実現させたい、というのが今回の計画だった。計画を立案したのは民間企業「のるでんばると」。同社代表は石川裕一。石川がやはり代表を務める「ぷらう」に掲載されている経歴は多彩だ。北海道大学を卒業後、食品商社「東食」(現カーギルジャパン)に入社。約16年間の在籍中、大半をサウジアラビアも含む海外で過ごした。石川と近しい人間に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。