新風? 台風? 「成田の新医学部」

国際医療福祉大は閉鎖的な医療界に風穴を開けるか。医師過剰の混乱を生むだけか。

2016年8月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

すでに政界・官界の支持を完全に取り付けた自信の表れからか。最終局面で何か焦りでも生じたか――。6月19日の読売新聞や朝日新聞、日本経済新聞、毎日新聞など全国紙の朝刊に一斉に載った「医療福祉の総合大学が2017年4月、成田市に医学部を新設する予定です」との全面広告が、医療関係者の間に様々な憶測を呼んでいる。広告の主は、病院再建で知られる高木邦格(くにのり)理事長率いる「国際医療福祉大学」。主見出しの右下に「設置認可申請中」とあり、また、広告の中程より下のところに極小の文字で「※医学部に関する内容は予定であり変更の可能性があります」とあるように、この大学は、実はまだ医学部新設の国の認可を得ていない。8月に文部科学省の大学設置・学校法人審議会が最終判断をする予定となっている。そうした微妙な時期に、注釈付きとはいえ医学部開設を大々的にアピールする広告が打た ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。