「辣腕」インド中銀総裁が謎の降板

高インフレ、通貨安を改善したのに、与党・産業界は不満。モディ首相の改革に暗雲も。

2016年8月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

6月18日、世界的に著名なエコノミストで、インドの高インフレや通貨安の改善、銀行の健全化の取り組みなどで海外投資家の信任が厚いインド中央銀行総裁ラグラム・ラジャンが9月4日の任期末に「退任する」と宣言したことで、一時ハチの巣をつついたような騒ぎになった。インドの通貨ルピーは週明けのムンバイ市場で下落し、一時対ドルで前週末比0.9%安をつけた。ラジャンは突然の退任の理由については口を閉ざす。投資家からは、「改革派」のナレンドラ・モディ首相が従来のように、ラジャンに対してあと2年程度の任期延長を要請するものと期待されていた。ところが、発表に先立つ数週間前、モディはラジャン留任には明らかに気乗りがしない様子だった。その理由が何だったか、いまだに激しい議論が交わされている。

安定か成長かの岐路

ラジャンは13年9月、国民会議派が主導していたマンモハン・シン前政権で中銀総裁に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。