ウィンドウズ10「迷惑商法」が炎上

アップグレード「強制」でネットが渋滞。NTT「パケ詰まり」にプロバイダーの6割が悲鳴。

2016年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

5月中旬、マイクロソフト(MS)製の基本OS「ウィンドウズ」をめぐり世界的な大騒動が勃発した。予期せぬタイミングでウィンドウズが強制的にアップグレード(UG)されてしまう事例が多発したのだ。パソコン使用中に突如UGを促す表示が出たり、場合によっては使用中に画面が真っ黒になり、強制的にUGが始まったりする事例が多数報告された。ツイッターなどでは、大学で授業中に教授のプレゼン用パソコンがUG画面になったり、バスターミナルの行き先表示の液晶画面にUGを促す告知が出たままになって、行き先が確認できない実例が投稿されている。一部では、「アップグレードという名の悪質なウイルス」とまで揶揄される始末である。問題は国会にまで波及した。民進党の藤末健三参議院議員が質問主意書を出して「法的に問題はないのか」と政府の見解を質したが「お答えすることは困難」と政府は明言を避け ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。