官邸掟破り「奥原次官」に農水省はパニック寸前

首相官邸が農協改革の立役者を事務次官に抜擢。問答無用の「奥原流」に局長連中は面従腹背。

2016年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

農林水産事務次官に、経営局長の奥原正明氏(東大法卒、1979年入省、60)が昇格した。異例と言うより、霞が関の「掟破り」の人事である。皆川芳嗣氏が事務次官(78年入省)を3年務めた後、昨年、本川一善氏(79年入省、61)を後継指名し、同期入省の奥原氏の「次官の目は消えた」と囁かれていた。ところが、フタを開けて見れば、奥原氏が、本川氏を押しのけるように、次官の座に就いた。本川氏は永田町対策を仕切る官房長、水産庁長官を歴任し、事務次官を射止めたが、わずか10カ月で退く屈辱を味わった。第2次安倍政権誕生後、内閣人事局が創設され、各省事務次官を頂点とする幹部人事は、内閣官房が決めるルールに変わった。「首相官邸は農水省の人事秩序を乱さないため、同期トップの本川氏の次官就任を認めたが、意中の人は奥原氏だった」と、閣僚経験者は明かす。目下の内閣人事局長は荻生田光一氏 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。