EUにも「反グローバル」の波

2016年8月号 LABYRINTH [Brexitショック]

  • はてなブックマークに追加

ブレグジットが公式、非公式に様々なチャネルを通じて欧州連合(EU)に及ぼす影響は甚大だ。一見好ましいと思える可能性は皆無だが、EUの今後の変化次第では、英国がEUに留まり、活性化されたEUの主要プレーヤーになるチャンスもまだ十分残されている。主流シナリオとは言えないかもしれないが、その可能性を排除すべきではない。7月13日、辞任したデビッド・キャメロンに代わりテリーザ・メイ内相が英国の新首相に就任した。EU離脱派急先鋒のアンドレア・レッドサムが保守党党首選序盤で撤退を表明したため、英国民6500万人は「おおむね残留派」に属するメイに、今後のEUとの分離交渉や国内の融和という難しい仕事を託すことになった。新首相は、52対48と僅差で過半数となった離脱派を満足させねばならないが、一方で残留派はますます離脱反対の決意を固めている。産業界は秋ごろには、事業の経済性を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。