三つの津波でデフレ再来

英国がまさかのEU離脱。「リーマン級」激震は第一波、第二波、第三波と輻輳して市場に襲いかかる。英国からEUへ政権交代のドミノが拡大。

2016年8月号 LABYRINTH [Brexitショック]

  • はてなブックマークに追加

 

ポンド安・不動産底割れ・銀行危機

欧州連合(EU)からの離脱を決めた英国の国民投票が全世界を揺さぶっている。英国とEUが出口の見えない離婚劇に迷い込んだことで、世界経済と国際金融に新たな不透明要因が加わった。なかでも一番割を食わされたのは、2008年リーマン・ショック時と同様にわが日本である。本来なら日本も政権が吹っ飛んでおかしくないBrexit(英国のEU離脱)ショックだった。6月24日の東京外国為替市場で円相場は1ドル=100円ラインを突破、日経平均株価は一時1万5000円を割り込んだ。日銀の異次元緩和で円安を実現し、株価を押し上げる――そんなアベノミクスの根底が一撃で覆されたからだ。円安の猶予期間中になすべきはずの国内の成長戦略は中途半端。おかげで日本経済は円高・株安にオロオロし、と宮沢賢治の詩「雨ニモマケズ」を地で行くような羽目に陥ってしまった。経済運営の限界を露呈したのは、円が一時7円 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。