出光合併潰した「創業家の嫡男」

サラリーマン社長の短慮が、昭介名誉会長の逆鱗に触れた。JX・東燃ゼネラルの経営統合も怪しくなる。

2016年8月号 BUSINESS [引くに引けない「激突」]

  • はてなブックマークに追加

昭和シェル石油との合併に真っ向から反対する出光興産の創業家。石油業界の再編を急ぐ経済産業省に乗せられたサラリーマン経営陣の短慮が、創業家の逆鱗に触れた。根底にあるのは創業者、出光佐三氏の精神を忘れた現経営陣の浅はかさである。創業家の代理人が「合併反対」の意見表明をした株主総会から2週間後の7月11日。創業家と経営陣による最初の話し合いが開かれた。創業家側の出席者は、佐三氏の長男で出光興産五代目社長の昭介氏と、その息子の正和氏、正道氏。会社側は月岡隆社長らが出席した。会談場所に指定されたのは東京・丸の内の出光美術館。会談終了後、美術館から出てきた創業家の代理人、浜田卓二郎弁護士(元衆議院議員)は、あっという間に報道陣に囲まれ、ぶら下がり取材が始まった。「双方の主張を確認した。話し合いは平行線」。短いコメントを残して浜田氏が立ち去った後、後片付 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。