「ポスト孫」放逐の真相

アローラを刺した「匿名の株主」は、何者なのか。株主総会後、ほろ酔い加減の古参幹部たちから歓喜の声が上がった。

2016年8月号 BUSINESS [忠臣たちの「尊王攘夷」]

  • はてなブックマークに追加

ヤフーの主だった幹部たちが異変を知ったのは、ヤフーの定時株主総会とその後の取締役会がつつがなく終わった6月21日の午後1時ごろ、用意された弁当に箸をつけていた最中であった。「ソフトバンクが今日、アローラの退任を発表するって」。幹部の一人が周囲にそう告げた。「うちの会長も辞める方向で作業しなくちゃ」。皆の箸が止まった。「えっ、だっていま会長を再任したばかりじゃん」――。確かに異変はあった。この日午前10時から東京・有楽町の国際フォーラムで開かれた株主総会に、ソフトバンクグループ(SBG)副社長でヤフーの会長も兼ねるニケシュ・アローラは出席予定だったにもかかわらず、当日の朝になって急きょ欠席を知らせてきたからだ。皆がいぶかりながらも、総会はアローラの取締役再任を承認し、場所を変えて行われた取締役会は彼が不在のまま会長再任を決めている。SBGがアローラ退任 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。