トーマツが「カジノ調査」激安落札

入札等監視委員会の目は節穴でなかった。「ただ同然の入札」を繰り返す下心が見え見え。

2016年7月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

4月末、横浜市のホームページ(HP)に、ある調査結果がひっそりと掲載された。「IR(統合型リゾート)等新たな戦略的都市づくり検討調査(その2) 報告書」――。IRとは、平たく言えば「カジノを目玉とした観光施設」。距離的に近い東京に観光客を奪われている横浜は、経済活性化の切り札としてカジノの誘致を目指している。その導入の可否を探る報告書だ。この報告書にたどり着くには、結構手間がかかる。まず、題名に「カジノ」の文字が出てこないから、カジノに関心のある人がHP内のキーワード検索をしても引っ掛からない。トップページから「組織一覧→政策局→統計・調査→各区局の調査→下にずっとドラッグ」と操作しないと、報告書に到達できない。現在は違法なカジノを解禁できるか、税金を投じて大事な調査をしたのに、分かりにくい場所に収めた魂胆を勘繰りたくなる。というのも、この報告書が「超 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。