「掟破り」企業保育所で社福崩し

企業の保育所開設に補助金800億円。「社福」と結託する市区町村を外した快挙!

2016年7月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

保育所の待機児童問題の解決を目指し、国が今年度から掟破りの画期的な保育制度を始めた。その名も「企業主導型保育事業」。保育関係者の心情を逆なでするネーミングだ。というのも、業界では未だに「保育は慈善活動。利益第一の企業が手掛けてはいけない」という「神話」にこだわる関係者が、絶対的な多数派なのだ。政府は2017年度末までに保育施設の受け入れ枠の10万人分増を掲げており、この事業により実に半数の5万人分の確保を目指すとしている。参院選挙の争点から待機児童問題を外す狙いだろうが、従来の社会保障制度の限界を官邸が悟った結果では、と思わせる制度内容だ。民活への画期的な試みと評価したい。

設置場所はどこでもOK

企業主導型保育事業とは、企業が保育所を従業員や地域の乳幼児向けに作ることである。既存の「事業所内保育所」と似ており、メディアは「企業内保育所の要件を緩和」と報道した。だが ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。