東京近郊で日経が「押し紙」削減

販売店の猛抗議を受けた日経がギブアップ。朝日、読売も整理を加速。公取委のメスを恐れる新聞業界。

2016年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

新聞販売部数の水増しとなる「押し紙」を巡り、朝日新聞が3月、公正取引委員会から「注意」を受けたのに続き、日経新聞が首都圏の販売店から猛抗議を受け6月から押し紙を大幅に削減。新聞社の間でタブー視されてきた押し紙問題は新たな局面を迎えている。新聞業界は押し紙により、販売店や広告主による訴訟や読者の信頼喪失、権力側からの圧力など多様なリスクを抱えており、朝日や読売新聞も整理を加速させつつある。押し紙とは、新聞社側が販売店にその希望する部数以上の新聞紙を買うよう強要する行為。販売店に押し付けられた分は読者がいないため配達されずに処分される。独占禁止法で禁じられているが、「公取委も広告主もある程度は承知しており、なれ合いが続いてきたのではないか」(新聞販売店関係者)という。

多摩地区で全廃店

押し紙をめぐっては、生じた損害の賠償を新聞社に求める訴訟が販売店から提起 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。